投資で手を抜いて負けていませんか?

株式投資

<script>” title=”<script><script>

投資のセミナーの参加者に聞くと、投資についてよく勉強しているのにうまくいかないという人が多いようです。

考えてみれば、投資についてよく勉強している人でセミナーに参加する人は、更なる高みを目指している人か、または勉強してもしてもうまくいかないというどちらかだと思われます。

勉強することは大事ですが、それが正しい方向性が生まれる要素になっているのなら全く問題は無いのですが、実はそうではない人が非常に多いと言えるようです。

投資の世界は凄腕のプロが仕切っている

市場ではどうしてもプロが絶対的に有利です。

それはなぜかというと、まず圧倒的な資金力にあります。

大きい資金が動くと、相場は一気に変化します。

大口の投資家は、相場を動かすことができるのです。

それに対して資金力の乏しい投資家は、値動きに合わせて対応する必要があります。

一例を挙げましょう。

上昇トレンドにある株価が下がってきて移動平均線に接近したとします。

ここで考えられる投資家の行動は、まず移動平均線に接触した時点で押し目をねらう。

うまく反発したらそのまま保持する。

もし移動平均線を割ったら、ロスカットをするというのがセオリーだと思います。

ここで、移動平均線を割った後に、反発することがあります。

そうです。

だましです。

これが大口投資家の投資行動による結果であれば、ロスカットした個人投資家は失敗という結果になります。

確実にセオリー通りロスカットするということは大事なことで、塩漬けを生まない正しい投資行動であると言えるのです。

しかし結果的に見れば、ロスカットした場合は負けということになります。

機関投資家VS個人投資家

個人投資家が市場で戦っていくためには、機関投資家の存在を無視することは危険です。

個人投資家が機関投資家より最も有利な点と言えば、投資期間に制限がないというところでしょう。

基本的に余裕資金による現物投資であれば、万一塩漬けになっても株価が取得価格を超えるまで持ち続ける事は可能です。

個人投資家には、投資期間を柔軟に設定できるという強みがあります。

だからと言って塩漬けしても構わないという訳ではありません。

最悪株価は下がり続けるばかりという危険性も十分起こりうることです。

そうでは無く、中長期投資で上手に運用していくという考え方でれば、これは一つの武器となるでしょう。

個人投資家の問題点

株式投資を始めるにあたって、まず書籍を参考に勉強する方が多いのではないでしょうか?

それはそれで正しいことです。

確かに、人間は教育抜きで正しい考え方、正しい行動を取るというのは難しいですね。

しかし、勉強しているにもかかわらず結果を出せない人が多いのは何故でしょうか?

個人投資家の最大の問題点と言えば、自己管理力が乏しいということです。

投資で結果を残すには、投資ルールを厳守することが必須です。

塩漬けは、その典型でしょう。

投資ルールは決して難しい事ではありません。

大切な事

投資する資格は一つだけ!

ルールを厳守すること。

最後に

まっさらの等ブログの記事第一弾に最後までお付き合い下さいまして、誠にありがとうございました。

このブログのはっきりとした方向性はまだ決まっておりませんが、投資で成功できる道があるということを今後お伝えして行こうと思い、スタートしました。

一生懸命汗水流して稼いだ大切な資金を、市場で失ってはいけません。

また、インターネットの世界でも投資案件のコンサルティングや高額塾の誘いも溢れています。

私は思うのですが、同じ投資でも投資アドバイザーのメンター選びの投資のほうが、かなり難しいのではないでしょうか?

もちろん優秀で良心的なメンターも存在しますので、反対しているわけではありません。

ただ詐欺的なメンターも確実に存在しているということは、当然あなたもご承知のことだと思います。

市場は戦いの場です。

真剣に取り組むことは、絶対条件です。

今後成功者としてお互い長いお付き合いになれることができれば、幸いです。

 

 

 

株式投資

boppyをフォローする
apps-fun!fashion

コメント

タイトルとURLをコピーしました