BUYMA(バイマ)画像の著作権問題とカタログ出品

BUYMA

<script>” title=”<script><script>

BUYMA(バイマ)では無在庫販売を許可していますが、そのため、どうしても売り手の画像を購入先の画像として使おうとするケースが多いです。

以前はBUYMA(バイマ)側も規制をしていなかったようですが、ようやく規制をしなければならない状況になり、BUYMA(バイマ)の買い物客に大きな問題になっているようです。

 

 

 

BUYMA(バイマ)の問題

BUYMA(バイマ)で商品が売れたらブランドメーカー側も利益を出すので、そのために専門家が撮影した高品質の画像を提供することがメーカー側にも利益になるという考え方もあります。

しかし、画像の著作権が問題になっている背景には、第三者が画像を無断で使用することで、ブランドイメージが損なわれたり、モデルの肖像権問題に影響を及ぼすことを懸念している背景があると考えられます。

今後、安易に著作権画像を無断で借用して使用することは、大きなリスクを伴うようになりました。

海外にはアメリカのような訴訟大国もあるため、徹底した対策を立ててBUYMAの活動を展開していく必要があります。

日本人の「ごめんなさい」で許されるだろうという安易な考えは捨てなければならなりません。

 

画像使用禁止通知への対処法

BUYMA事務局から画像使用禁止の通知を受け取ったら、すぐにそのブランドの出品を中止する必要があります。

初めての方は戸惑い、不安になるかもしれませんが、これは必須のルールです。

先ほども述べたように、出品時に他のサイトから画像を取り込むことが多いため、BUYMA事務局からは明確な指示は出されていません。ブランド側の対応は各ブランドによって異なりますが、第三者が著作権画像の使用をNGとするブランドがBUYMAに連絡すると、事務局から出品者に画像使用禁止の連絡があり、事務局から出品を中止する場合があります。

 

 

禁止されたブランドの画像を使う人がいる理由

それにも関わらず、画像使用禁止の連絡があった後、BUYMAサイト内を確認してみると、まだ禁止されているブランドの画像を使用している場合があります。

なので、著作権画像が使われているじゃないか! と自分勝手な判断で使用してはいけません。

これは、

新規参入者が知らずに使用していたか、事務局が全ての該当画像の出品を停止できなかった

ためです

 

 

 

著作権違反に該当する部分

BUYMA事務局は明確に言及していませんが、ブランドによってはロゴやモデル画像の使用を禁止している場合があります。

特にアメリカのブランドはロゴの使用に厳しい傾向があり、注意が必要です。

対策:長期的な対策

  1. 購入時に可能な限り商品撮影も行う。
  2. 特に、定番商品や在庫が多い商品、繰り返し販売する予定のある商品は、出荷前に必ず商品写真を撮影する。
  3. ブランドショップのスタッフと連絡を取り、撮影を依頼する。

 

カタログ出品

BUYMAが提供するカタログを利用して出品する方法もあります。

高品質の画像と出品商品のBUYMA内での露出が可能なため、安心して出品できるメリットがあります。

しかし、仕入れ先の情報と比較すると不足している部分が見つかるなど、デメリットもあります。

 

 

まとめ

自分で画像を用意するなど、差別化を図ることができるので、可能であれば積極的に活用しましょう。

BUYMAでの活動を成功させるためには、著作権問題への理解及び対応は必須です。

活動を継続するためにも、適切な対応を念頭に置いてください。

 

★記事に関するコメント、感想をお気軽にお寄せください

BUYMA

boppyをフォローする
apps-fun!

コメント

タイトルとURLをコピーしました